ニキビ跡消す > ニキビ跡消す~ニキビができる原因について~

ニキビ跡消す~ニキビができる原因について~

ニキビは顔にできることが多いので、人に見られることを気にする人が多いようです。思春期には多くの人にニキビができますが、思春期を過ぎて落ち着いてくる人もいますし、その後もニキビ跡消すのに悩まされる人もいます。

ニキビというのはなぜできるのでしょうか?まずニキビができる仕組みを見ていきましょう。最初にお肌の皮脂量が増加するところから始まります。皮脂の量が増えると皮脂腺が肥大し、その皮脂が毛穴に詰まります。すると角質層が厚くなり、毛穴付近が炎症を起こすのです。

こうしてニキビが発生するというわけです。つまり、皮脂の分泌量が適正であれば、ニキビの発生は抑えられます。でも多くの人は思春期にホルモンバランスが不安定になり、どうしても皮脂の分泌が盛んになってしまうのです。

ニキビの原因は、皮脂だけではありません。皮脂の分泌量だけが原因であれば、ホルモンバランスの安定する思春期以降はニキビができにくくなるはずですが、大人ニキビに悩む人も結構いるのです。ニキビの原因となるのは、食事の偏りや、ストレスがたまることなど、いくつか考えられます。

普段からバランスの良い食事を心がけていれば問題ありませんが、現代人に不足しがちな栄養もあります。ニキビができている人は、ビタミンB2やB6が不足していることが多いようなので、これらを含む食品を積極的に摂取しましょう。
アルブラン

具体的な食材で言うと、牛乳やヨーグルト等の乳製品や納豆・まぐろ・レバー等に多く含まれています。 また多くのストレスにさらされがちな現代人は、ニキビができて悩むことが多いようです。 ストレスとニキビに関係があるというのは意外かもしれませんね。

簡単に説明すると、ストレスによって男性ホルモンが増え、その結果ニキビができやすくなるのです。可能であればストレスを減らしたり、上手に発散すると良いでしょう。ニキビができてしまうと鏡を見るたびに顔が気になってつい触ってしまったりします。でもこれはよくありませんから、なるべく触らずに、皮膚を清潔に保つように心がけてください。